ストレスチェッカー実施のための助成金


助成金の申請はいつまでに行えばいいですか。 同一都道府県内に2事業場、異なる都道府県に1事業場がある場合、まとめて集団を構成することは可能ですか。 同一の都道府県内にある複数(2~10まで)の小規模事業場を含む事業場で集団を構成した際に、集団の合計人数が50人以上でも助成金の申請は可能ですか。 ストレスチェックに関するソフトウェアやシステムの購入を行った際の費用は助成金の対象ですか。 登録団体内で1事業場のみ合同で選任した産業医以外の別の産業医が行った産業医活動に対しても助成金は認められますか。 産業医の選任報告とストレスチェック実施及びストレスチェック実施後の面接指導の結果は、労働基準監督署に報告する義務はありますか。 ストレスチェックを含む年間の産業医契約を産業医と契約したいと検討しています。月額5万円で1回までの面接指導を含む産業医契約を締結した場合、3回分を3か月分の領収書で申請可能ですか。 産業医との契約書は、本社で契約を締結している場合でも小規模事業場ごとに必要ですか。 助成金の申請においては、面接指導を行う医師は産業医に限定されるのですか。 ストレスチェックの実施については本助成金制度を利用し、医師による面談指導は地域産業保健センターを利用することはできますか。