ストレスチェック実施促進のための助成金の概要


助成金の概要
   事業場の所在地が同じ都道府県である、複数の従業員数50人未満の事業場が、合同でストレスチェックを実施し、また、合同で選任した産業医からストレスチェック後の面接指導等の産業医活動の提供を受けた場合に、各事業主が費用の助成を受けられる制度です。
助成金を受けるための要件
   助成金の支給申請をする前に、小規模事業場の集団を形成し、支給要件を満たしているかの確認を受けるため、あらかじめ労働者健康福祉機構への届出が必要になります。
◆届出前に、次の5つの要件を全て満たしていることを必ず確認してください。

① 常時使用する従業員数が50人未満であり、同一の都道府県内にある複数(2から10まで)の小規模事業場を含む事業場で集団を構成していること。
② 集団を構成する小規模事業場の事業者が産業医を合同で選任し、ストレスチェックに係る産業医活動の全部又は一部を行わせること。
③ ストレスチェックの実施者及び実施時期が決まっていること。
④ 集団を構成する全ての小規模事業場において、ストレスチェック及び面接指導を行う予定であること。
⑤ 集団を構成する小規模事業場の代表者と②の産業医(合同選任産業医)が同一者でないこと。
助成対象
(1)ストレスチェック
年1回のストレスチェックを実施した場合に、実施人数分の費用が助成されます。
(2)ストレスチェックに係る産業医活動
ストレスチェックに係る産業医活動について、実施回数分(上限3回)の費用が助成されます。
     【ストレスチェックに係る産業医活動の例】
・ストレスチェックの実施について助言すること
・ストレスチェック実施後に面接指導を実施すること
・ストレスチェックの結果について、集団分析を行うこと
・面接指導の結果について、事業主に意見陳述をすること    など
助成金額
   次の費用が助成されます。
助成対象 助成額(上限額)
①ストレスチェックの実施 1従業員につき500円
②ストレスチェックに係る産業医活動 1事業場あたり産業医1回の活動につき21,500円(上限3回)

※ 500円と21,500円はそれぞれの上限額ですので、実費額が上限額を下回る場合は実費額を支給します。

届出・申請の期限
(1)小規模事業場団体登録届
平成27年6月1日から平成27年12月10日まで(消印有効)
※ ただし、届出期間中でも団体登録の受付を終了することがありますのでご了承ください。
(2)ストレスチェック助成金支給申請
平成27年6月15日から平成28年1月末日まで(消印有効)
※ ただし、申請期間中でも助成金支給申請の受付を終了することがありますのでご了承ください。
手続きの流れ図
   助成金を受け取るまでの手続きは次のとおりです。
 ①小規模事業場団体登録の届出
   ・必要な書類を揃えて、労働者健康福祉機構へ届け出る。
 ②登録届受付通知書の受取
   ・労働者健康福祉機構から、届出が受理された旨の通知が届く。
 ③ストレスチェックの実施について審議
   ・ストレスチェックの実施について、産業医からの助言、労使での審議、従業員への説明・情報提供
などを行う。
 ④ストレスチェックの実施
   ・医師又は保健師によるストレスチェックを実施し、従業員へ結果を通知する。
 ⑤ストレスチェックに係る面接指導などの実施
   ・ストレスチェック実施後、従業員からの申出に対して面接指導などを行う。
 ⑥ストレスチェック助成金支給申請
   ・必要な書類を揃えて、ストレスチェック実施とストレスチェックに係る産業医活動の費用について、
助成金の支給申請を行う。
 ⑦助成金支給決定通知の受取、助成金受領
   ・労働者健康福祉機構から支給決定通知が届き、助成金が支払われる。
「ストレスチェック」実施促進のための助成金の手引(平成27年度版)