ストレスチェックの実施については本助成金制度を利用し、医師による面談指導は地域産業保健センターを利用することはできますか。


できません。小規模事業場の団体登録の届出にあたっては、合同選任産業医と契約を締結する必要があり、助成金の対象は、ストレスチェックの実施と産業医によるストレスチェック実施後の面接指導の実施等の双方に発生する費用です。
したがって、合同選任産業医が地域産業保健センターの登録産業医で、かつ、地域産業保健センターの業務として面談指導を行う場合には費用が発生しないことから、小規模事業場の団体登録の届出及び領収書を添付する必要がある助成金を申請することはできません。